ブラジル生活記

【ボランティア活動記録】大公開!中間報告の内容(日系社会青年ボランティア×小学校教育)

まいど、おおきに!Bom dia!

 

ブラジル在住!ハマヤネン【@HamayaneN_01】です。

 

8月15日から17日にかけてサンパウロで中間報告をしてきました。

 

サンパウロに12:00に着くはずが、安定の飛行機トラブルで20:30に遅延!

 

今回もハマヤネンの力が遺憾無く発揮されたフライトとなりました!

 

さて、今回は中間報告【小学校教育:ロンドリーナ 】の発表内容についてお知らせしたいと思います。

 

実際に使ったパワーポイント共に1年間の活動について説明していきます!

 

では見ていきましょう!

 

🇧🇷VAMOS!!!🇧🇷

 

 

目 次

1 中間報告とは?

2 中間報告の中身

  • 0時間目:報告の流れ
  • 1時間目:任地の紹介
  • 2時間目:配属先の紹介
  • 3時間目:スケジュールの紹介
  • 4時間目:活動紹介

❶【幼稚園の先生として】

❷【習字の先生として】

❸【日本語教師として】

❹【小学校教師として】

3 終わりに

 

中間報告とは?

中間報告とはボランティが自分が行って来た1年間の活動や配属先の現状をJICAに報告する報告会のことです。

 

中間報告で報告する内容はこのようなもの!

 

中間報告会要旨

    • 着任前後での活動イメージの相違と、配属先との関係
    • 活動計画書の作成で配慮したこと(目標設定や配属先との議論など)
    • 着任から現在までの活動(悩んだこと・工夫・取組み)
    • 残り期間の課題と抱負

 

これらの中から自分が伝えたいことをかいつまんで、発表していきます!

 

持ち時間は1人7分!

 

これが意外と短いんだなぁ!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
それでは見ていきましょう!

ハマヤネンの中間報告!

 

中間報告の中身!

0時間目:今日の時間割!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
今日はこのような流れでお話ししていきます!

早速、題名が間違っていますね!やってもうた!

 

いやー!ロシアW杯大会かなり盛り上がりましたね!

 

これは子ども達が日本代表VSベルギー代表を応援している一コマです!

 

みんな必勝&合格鉢巻を巻きながら応援したんですよ!

ハマヤネン
ハマヤネン
ええか?今日は日本にとって、大一番や!

みんなで心を一つに日本を勝利に導くぞ!

ほな応援の仕方教えるな!

 

とか言うて、応援の仕方を試合5分前に教えたんです!(此れも日本文化や!)

 

試合中は「日本チャチャチャ!」いうて応援しました!

 

試合中に日本人サポーターが映ると!

子どもたち
子どもたち
先生見て見て!俺らと一緒の格好して応援してるで!!!
ハマヤネン
ハマヤネン
いうとくけどあの人たちが先やからな!ハチマキ巻いて応援しだしたん!笑

とか言いながら和気あいあいと応援していたら!

 

2点先制!ハグの嵐!50回は飛んだ!

 

いける思いましたよね?いや!行ったと思った!

 

けれど!!!!!!!!

 

残念ながら負けてしましましたね!

 

頭の中では、せっかくブラジルにいるんだから!

 

日本代表がベルギー代表に勝つ!

⬇️

ブラジル代表VS日本代表をブラジルでブラジル人と観戦!

⬇️

日本勝利!ハマヤネン大騒ぎ!

 

この妄想を絶対に実現させたかった!

 

けど負けちゃいましたね!

 

あまりの喪失感にその日の授業はモチベーションがかなり低かったです!

 

持ち時間が7分しかないながら、なぜかサッカーの話をするハマヤネン!

 

会場もポカーーーン!

聞いてる人
聞いてる人
あいつ今日の趣旨わかってんのか?

むしろ今熱いのは甲子園ちゃうの?

 

からの全力で巻き返し!!!

 

いやいやちゃいますねん、見て欲しいのは子ども達の顔

 

日系人の子供さんが多くないですか?

 

もう一度写真載せますね!

ホイ!!!

そうなんです僕の活動している学校はほとんどの生徒が日系人なんです!

ハマヤネン
ハマヤネン
めぐみ学園の子ども達は9割が日系子弟(日本にルーツを持つ子ども)なんです!なのでとても日本に関係が深い学校ということが言えます!

 

これが伝えたかったんです!

 

みなさんしょーもない茶番に付き合っていただきありがとうございました!

 

1時間目:任地の紹介

それでは本題に行きまっせ!

 

ということで、 0時間目 任地の紹介!

 

このときすでに1分半経過!!!

 

日系人の数は約2万人!【パラナ州では2番目に多い!】

 

ロンドリーナ の名前の由来はこの街が作られるときにイギリスが金銭面で莫大な援助をしてくれたので、イギリスの首都ロンドンから名前をとって”ロンドリーナ ”と命名した!

 

ロンドリーナ では昔コーヒーがわんさか取れてコーヒーの街ロンドリーナ !

 

と言われていたので、地元のサッカークラブ”ロンドリーナ FC”のロゴにはコーヒーの絵があるんですよ!

 

そしてチームのマスコットはロンドリーナFCが最強だった時!

 

ちょうど映画”ジョーズ”が流行ったからチームのマスコットはサメになってるんですよ!

 

ロンドリーナ は海に面していないのに!

 

てなことを紹介したかった!

 

実際には時間の関係でここまで詳しく言えてない

2時間目:配属先の紹介

配属先であるめぐみ学園の紹介!

 

仕組みが複雑すぎて、言葉ではなく絵で説明しました!

 

ハマヤネンのイラストが入ってるところは大活躍しているところです!

 

⬇️詳しいめぐみ学園の紹介はこれだ!⬇️

【ブラジル 生活記】日系社会青年ボランティアの生活とはいかなるものか?小学校教育隊員の1日に密着!まいど、おおきに!Bom dia! ブラジル在住!  ハマヤネン【@HamayaneN_01】です! ロンド...

 

3時間目:スケジュールの紹介

実際の発表では、時間の関係で省略しましたがここでは簡単に説明

青色 : ハマヤネンが一人で担当する時間

赤色 : 現地の日本語教師の補助

緑色 : 他教科の補助 または 教材作成

白色 : こんにちはの時間【幼稚園児と手遊び歌】

 

配属されてから3ヶ月は任地や配属先の様子の把握授業の補助が活動の9割!

 

日本の職場では激動の日々を送っていたはずなので!

 

すこーーーーーーしだったんです!

いや、かなーーーーーり暇だったんです!

しかし、その後配属先との話し合いの結果、新学期より今のスケジュールになりました。

 

一人で会話の授業や日本語の授業を持つ時間が赴任当初より増えた!

 

これはモチベーションのアップにつながったんです!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
自分で授業を持てるほど嬉しいことはあらへん!

日本語授業のカリキュラムないけど!

初めての日本語教師やけど!

自分で授業持てるってなるとかなりテンション上がるんです!

休み時間:ハマヤネンは具体的にどんな活動してるの?

大きく分けて4つの役割をハマヤネンはしています。

スライドの通りです!

 

4時間目:活動紹介【より詳しく!】

幼稚園の先生として

こんにちはの時間=幼稚園児と手遊び歌を30分を実施!

 

4歳児2クラス5歳児1クラスに対して、日本語の授業を週に1時間ずつ実施してるんです!

 

わー、きゃー、やー言いながらね!

 

幼稚園での授業内容はとてーも簡単な日本語を使った工作中心の授業

 

彼らとの時間はとても!

 

いやっ!

 

とーーーーても×100勉強になっています

 

授業を持ち始めた当初!

 

子供たちがどこまで作業ができたり、どこまで話しを聞くことができたりするのかわからず!

 

子ども達の実態とかけ離れたことばかりをしていました。

 

当然! 子ども達は混乱!!!

 

「トイレ行きたい」

「誰かが私を叩いた」

「次どうするの?」

「水飲んでもいいの?」

「担任の先生はどこ?」

 

質問の嵐!

 

立ち回る幼児!

泣き出す幼児!

テンパるハマヤネン!

教室から出ていく幼児!

泣き出しそうなハマヤネン!

 

ついに限界を感じ!窓から叫ぶハマヤネン!

ハマヤネン
ハマヤネン
もうゴジャです!ほんまにゴジャです!

助けてー!先生!!!

 

最初の4回目までは学級崩壊状態が続きました

 

最近はよくみたら授業に見える授業のようなものができているのかな?

 

ただ気をぬくとまたあの状態になります!

 

毎回45分が無事に終わるとホッとします。

 

ここでの学びはきっと日本の教育現場でも生きるはず!

 

習字の先生として

習字の授業は週に1時間【金曜日】

 

様々な活動と組み合わせることで、楽しみながら習字の学習に取り組んでいます。

 

巨大な鯉のぼりを調子に乗って書かせたら!

 

次の時間は墨汁がなくなってしまい泣く泣く折り紙教室を実施したことも・・・・。

 

本気の墨汁をサンパウロで買ったらゴジャ高かった!

 

日本語教師として

任地に配属されてから様子を見る期間で感じた疑問!

 

?90分の座学は効率悪くないのかな?

 

疑問?違和感?を声に出して、日本語の先生方との会議で相談&授業スタイル変更の提案!

 

授業のスタイルを見直すことが実現しました。

 

90分座学を続けるのではなく、30分の会話・発話時間を導入する授業スタイルに変更しました。

 

真ん中に入っている部分をハマヤネンの会話・発話練習タイムに認定!

 

そのため30分ごとに1年生から5年生が代わる代わるやってくることに!

 

授業補助だけだった午前中が大忙しな午前中へと変身

 

子ども達は楽しく発話・会話授業に取り組んでいます!

 

今後、この授業スタイルが正しいのかということも検証し、改善していかなくてはいけません!

 

小学校の先生として!

めぐみ学園からボランティアに求めることとして”日本語を使う機会の増加”というものがありました。

 

壁に面白そうな問題を掲示することで、授業時間以外でも日本語に触れる機会を作ることに成功!

 

初めて見る掲示物に子どもたちは夢中になって取り組んでいます!

 

ブラジルの先生たちもこの掲示物は初めて見た様子!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
日本の教育を押し付けるのはなんか違うとおもてますねん!

あの日本人なんか面白いことやってるな!

ちょっとわいらも真似してみよかなー!!!

って気持ちにさせるのがハマヤネンの狙いです!

 

もう一つは目指せ日本語マスター!プロジェクト!

 

20の課題【例:果物の名前を日本語で5個言いなさい等】をクリアしてシール20個集めると認定カードがもらえるというもの!

 

シールを集めるのが大好きな子ども達には効果抜群

 

長蛇の列を作ってまで、課題をクリアしようと必死になることも多々ありました。

 

この成果はどうなのか?

 

それはまた、帰国報告会で報告する予定!

 

次は日本にいる時からずっと計画していた日本の小学校と交流授業

☝️授業の構成

 

☝️活動内容のお品書き

 

活動下見期間は、これの下準備があったので意外と忙しかった!

 

 

交流活動をする理由
  1. 日本語の授業に意欲的に取り組んでもらう。
  2. 言語は最終的に会話がゴールなので、会話する相手を意識させる。
  3. 日本語でビデオレター、手紙を作ることで日本語を話す、書く機会の増加
  4. 日本からくる学校紹介の動画を見ることで異文化理解を深める

 

では実際にどんな活動をしていったのか?

 

子供の反応は!?

 

カメラを向けること、さらにユーチューバーやな!とおだてると!

 

  • 自己紹介の原稿を意欲的に考える!
  • 積極的に会話学習に取り組む!
  • 日本についてもっと教えてと質問してくる!など

 

学習においては意欲の向上につながっていました!

 

また、自分たちのビデオが日本の子どもたちに見られている様子を動画や写真で見せると!

 

次の活動へさらにモチベーションアップさせていたんです!

 

動画の交換だけでは親近感がわかないのでお互いの教室に写真を掲示しました。

 

自然と相手国の友達の名前を覚えていました。

 

そして動画上だけでは物足りなくなり、ついにクリスマスカードを交換することに!

 

  • ハマヤネンの前にめぐみ学園でボランティアしていた先生の学校!
  • ハマヤネンの友達が務めている学校!

 

これら2校とクリスマスカードを交換しました!

 

子ども  :先生この時でええかな?

子ども  :間違えてないか確認してください!

ハマヤネン:もうちょっと綺麗方がいいかもな!

ハマヤネン:てか、漢字使ってるやん!すごいやん!

子ども  :へへへ!だって日本の友達に見せるからさ!

子ども  :漢字使えるところ見せたいやん!

子ども  :えっ!じゃー俺も漢字使おう!

 

 

伝える相手がおるってだけでここまで目の色変える

 

ってくらい頑張っていました。

 

何も声をかけていないのに熱中していました。

 

教材選びって重要なんやなとつくづく痛感!

 

クリスマスカードが実際に届くと!

こんなことが!!!

子どもA
子どもA
先生!これ日本から届いた手紙やんな俺ちょっと試してみたいことあるねん!ちょっと試して見ていいかな?
ハマヤネン
ハマヤネン
んんん?試したいこと?ええで!試してみ!

子どもA
子どもA
先生!やっぱり日本のかみは美味しい!日本の味がするー!感動するわー!
ハマヤネン
ハマヤネン
んんん!!!そ、そ、そうやろ!日本のかみはうまいやろ?

 

そうなんです!この子日本から手紙が届いたことに感動して!

 

手紙を舐めたんです!

 

なのに、机の上に手紙を忘れて帰るという・・・・・・!

 

さらに、手紙の交流だけでは物足りなくなった子ども達からの発案で、日本の子ども達と協力して何かを作りたいと言い出し!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
前働いてた小学校で偉大な図工の先生がオーストラリアの小学校と共同絵画プロジェクトやってたなぁ!

 

お互いの国のええところを絵に書いて二つを合わせたら一つの大きな絵画になるプロジェクトを実施!

 

ブラジルでは卒業式が12月にあることを把握していなかったので、ドタバタで完成させて日本へ発送!

 

日本に届き一つの絵になった頃ブラジルの5年生は卒業してしまっていた!

 

卒業後、めぐみ学園に来た6年生にはこの完成した絵を見せることができました。

 

交流後の振り返り!

日本の子どもたちに、一連の交流活動を終えての学びを書いてもらいました。

 

ブラジルの子供達には時間がくて書かせることができませんでした。反省!

日本の子供達の学び

    • ブラジルは日本とつながりのある国である!
    • もっとブラジルのことについて知りたい!
    • 今回の交流でブラジルの友達と繋がれた!
    • 将来自分の目で直接ブラジルを見て見たい!

 

というようなことを学習後の感想で書いてくれていました。

 

残りの期間の活動をどうしていくか?

ということについて簡単にまとめました!【このときすでに8分経過!汗】

 

 

今後の活動について

1:目の前にいる子供達との活動を大切にする

2:余裕が出て来た分、新しい何かに挑戦する【例:野球、将棋の紹介】

3:活動の記録【紙媒体・電子データ】を残すことで配属先、後任の活動が豊かなものになるようにする

4:最後に最大の目標→生きて日本にカエル!

※ 欲を言えば乗り継ぎで車椅子を使わずにカエル!!!

 

なぜならブラジルに来るとき、こんなことが!

 

⬇️ブラジルに来る前日にぎっくり腰になる!

⬇️アトランタでの乗り継ぎで車椅子に乗せられる!

⬇️入国手続き出国手続きを特殊ルートを通り車椅子に乗って済ませる!

 

これはもう嫌だ!俺は歩いて出国したいんや!!!

 

 

というような内容で発表終わり!

 

無事1番バッターの役目を終えました!

 

9分かかりました!

 

時間はオーバーしたけれど、なんとか無事に終わって本当にホッとしました。

 

終わりに

日系社会青年ボランティア:小学校教育の発表はどうだったでしょうか?

 

ブラジルの小学校教育隊員がどんな活動をしているのか?

 

少しはわかっていただけたのではないでしょうか?

 

今回ハマヤネンは活動の工夫・取り組みを軸に発表をしました!

 

もちろん隊員によっては

 

  • 活動計画で工夫したこと!
  • 活動前後でのイメージの差異!
  • 活動上の悩み!
  • 配属先との人間関係!

 

など様々な観点からこの1年間での活動の様子を紹介。

 

どの隊員の発表も素晴らしく、時間があっという間に過ぎていってしまいました。

 

たくさんの活動アイデアたくさんの刺激を吸収

 

これをロンドリーナ で生かして頑張ろう!そう思える中間報告になりました。

 

今回で2017年1次隊が全員揃うのは最後になりましたが!

 

現職の帰国報告会ではたくさんの人が聞きに来てくれることを期待しています!

 

また2月に会いましょう!

 

待ってます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

チャオチャオ!Ate!

☝️ホテルのエレベーターが止まり、外から従業員に開けてもらった時の1枚!

かめ男
かめ男
アンタ!ついにエレベーターまで止めてもたんか?

 

エレベータ中の視線を背中に浴びながらハマヤネンは扉が開くのを待つのであった!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です