mono

GoPro HERO7が新発売!手ぶれ補正が強力で魅力的!

まいど、おおきに!Bom dia!

 

今回の記事は

男性
男性

GoPro Hero7(ゴープロ)、ちょっと欲しいなあ…。

新しいモデルがよく出てるけど、何が違うの?ぶっちゃけ「買い」なの?

6000円くらいの偽ゴープロやったらあかんのん?

と考える人向けです。結論を先に書くと

ハマヤネン
ハマヤネン

「買いなはれ!」です。

新しいHero7は、ハイパースムーズと言われる手振れ補正機能が最高。

GoProにもともとあるメリットもそのまま。スポーツや旅行をする人は買った方がええ!

おすすめアクセサリーなどもいくつか紹介します。

 

という記事です!♪(´ε` )

 

目次 [閉じる]

GoPro Hero7買いたい!

GoPro Hero7のスゴさ!

  • GoPro Hero7のスゴいとこ1,手ブレ補正
  • GoPro Hero7のスゴいとこ2,音声機能
  • GoProのその他の新機能

総合的には「GoPro Hero7=買い」!

おすすめのアクセサリー

  • 大容量micro SD
  • ネックハウジングマウント
  • スペアバッテリーと充電器
  • 保護フィルム&レンズカバー

まとめ

 

GoPro Hero7買いたい!

Bom dia!

 

ブラジル在住🇧🇷!ハマヤネン【@HamayaneN_01】です!

 

新しいGoPro Hero7が買いたい買いたい症候群です!

 

2018年9月27日に最新モデル!

 

GoPro Hero7」が発売!

 

 

今回は、その性能や良いところ、そしておすすめアクセサリーなどを紹介したいと思います。

 

GoPro Hero7の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

GoPro HERO6のラインナップは『HERO6 Black』のみでしたが!

 

GoPro HERO7は『Black』『Silver』『White』の3モデル展開!

 

それぞれ外観・スペック・価格が異なります。

 

スペック・価格共に『Black』『Silver』『White』の順で高くなっています。

 

ハマヤネン
ハマヤネン
メーカー公式サイトを確認してみると、SilverとWhiteは前モデルであるHERO6よりもスペックが低いようなので、おそらくほとんどの方がHERO7 Blackを購入するのでは???

 

価格の面で悩んでいるのであれば型落ちで安くなっているGoPro HERO6を選ぶのありだと思います。

 

 

GoPro Hero7のスゴさ

その1,手ブレ補正

今回は”Hyper smooth”「ハイパースムーズ」という手ブレ補正機能が追加されました。

 

これがどうやら!

 

神!

 

だとか。

 

これまでで最高レベルの手ぶれ補正です。

 

色々と語るよりも見てもらったほうが早いですよね!

 

⬇️次の動画をご覧ください。

 

GoPro6の時でも強力な手ぶれ補正が搭載されていたのですが!

 

より強力な手ぶれ補正に!

 

これは!

 

ゴジャ!!!【驚愕】です。

 

「HyperSmooth」がすごいのは手ぶれ補正がこの小さなカメラひとつで完結しているところです。

 

ふつうはジンバルという道具を使ったり、編集ソフトで手ぶれ補正をかけるなどして揺れを抑えるのですが!

 

GoPro HERO7 Blackならそのような手間がいらへんのです!

 

GoProはこのHERO7のキャッチコピーを!

 

”Shaky Video is Dead.”

 

つまり

 

”手ブレする動画の時代は終わった”

 

と宣言しています。

 

その2,音声機能が向上

GoProの弱いところであった音声問題も大幅に向上したようです!

 

HERO6だとステレオタイプでしたが!

 

HERO7ではトリプルになっています。

 

声や話し声までしっかり録音したいという人にもオススメです!

 

とはいっても風切り音は入ってしまうので、本格的な音声録音を求める方は防音用の外部パーツが必須

 

その他の新機能3つ!

次はHERO7から搭載された新機能を見て行きましょう。HERO6には無かった新機能です!

ライブストリーミング機能(BLACKのみ)

ネット環境下のみですが、Facebook Live などにストリーミングしてシェアできます!

やっぱりこう言ったアクションカムを使っていたら、リアルタイムにシェアしたくなりますよね??

 

縦画面での撮影ができるようになった

縦向きに撮影した動画はInstagramのストーリーズなどにもシェアしやすいですね。

 

15秒ほどのショートムービーも作製可能です。

 

フォトタイマー機能がついた

写真タイマー、いわゆる一般的に言うセルフタイマー機能です。GoProとしては初搭載です。

総合的には「GoPro HERO7 Blackがええ」!

GoPro HERO7 Blackは、前機種:HERO6の4K60p・FHD120pという基本の動画性能を引き継ぎつつ!

 

動画の手ぶれ補正や写真の画質が進化しています。

 

手軽に持ち運べて、防水で丈夫なカメラがこれだけハイスペックだと撮れる映像の幅が広がるのでとてもとても楽しみですね。

 

GoProなら気軽に撮影できるので、ちょっとした町歩きや旅行、レジャーの時にとてもピッタリだと思います。

 

⬇️GoPro HERO7プロモーションビデオ⬇️

 

→ 公式ウェブサイトでGoPro HERO7 Blackの詳細を確認・購入

おすすめのアクセサリー

GoProの力を最大級に発揮させるには様々なアクセサリーが必要となります!

 

単体だけではどうしても取れないような画像をスーパー付属品が可能にしてくれます!

 

以降は、GoPro Hero7をより便利にしてくれる、最高の道具を、合わせて紹介したいと思います。

大容量micro SD

ゴープロに大容量SDは欠かせません!

動画を撮りっぱなしにするにしても、タイムラプス動画を撮るにしてもやはりデータの保存庫がしっかり確保されてないと話になりませんからね!

 

SDカードの紛失を防ぐために、予備SDカードはこのようなケースに入れて持ち歩くのがベター!

 

スペアバッテリーと充電器

SDカードと同じくらい重要である予備バッテリー!

 

綺麗な動画を撮ろうとすれば、するほどバッテリーの消耗は早いので、1個や2個では不安ですね!

 

 

保護フィルム&レンズカバー

防塵、防水機能がついているとはいえ液晶部分はやはりデリケートなのでしっかり守ってあげる必要がありますね!

 

レンズカバーもついてくると尚更嬉しい!⬇️

 

ネックハウジングマウント

個人的にガジェット類を購入する際は有名Youtuberの方のレビュー動画を参考にしているのですが!

とあるYoutuberの方がつけていて気になったアイテムがこちら!

 

 

カメラアクセサリー「キャプチャー」

これがあれば、リュックサックなどのにGoPro7を装着し撮影ができます。

 

さらに両手も開くので色々な作業や撮影に取り組むことが可能。

 

旅のVLOGなどを作る人にはもってこいのカメラアクセサリーですね!

 

 

 

まとめ

今回の記事は

男性
男性

GoPro Hero7(ゴープロ)、ちょっと欲しいなあ…。

新しいモデルがよく出てるけど、何が違うの?ぶっちゃけ「買い」なの?

6000円くらいの偽ゴープロやったらあかんのん?

と考える人向けです。結論を先に書くと

ハマヤネン
ハマヤネン

「買いなはれ!」です。

新しいHero7は、ハイパースムーズと言われる手振れ補正機能が最高。

GoProにもともとあるメリットもそのまま。スポーツや旅行をする人は買った方がええ!

おすすめアクセサリーなどもいくつか紹介します。

 

という記事でした。

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

チャオチャオ!Ate!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です