ブラジル生活記

【他職種紹介記事⑤】第一部:日系社会ボランティア×Youtuber×野球隊員=サンパウロモリキヨ!

まいどおおきに!Bom dia!

 

ブラジル在住🇧🇷!ハマヤネン【@HamayaneN_01】です!

 

今回は2017年1次隊野球隊員の紹介記事になります!

 

今回紹介するのは野球隊員をしながらブラジルに関するあらゆることを紹介するYoutubeチャンネルを運営している!

 

 

🇧🇷サンパウロモリキヨ🇧🇷

 

 

 

こと森清隊員です!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
実はモリキヨはハマヤネンの救世主なんです!日本からブラジルへ飛び立つ前日ハマヤネンは人生初のぎっくり腰に襲われ荷物を運べない状態に!

そのため2年間分の荷物を全てその日宿泊するホテルまでモリキヨに運んでもらったんです!

モリキヨ
モリキヨ
いやー!そんなこともありましたね!あの時はハマさんが急に”立てない”とかいいだしたんでまたいつもの冗談かと思いきやマジだったんで驚きましたよ!

 

2人分の荷物を運んだ、その結果!

 

 

そんな救世主モリキヨ→🇧🇷サンパウロモリキヨ🇧🇷に関する記事はYoutubeリンクもたくさん貼ってあるので、動画を見ながら楽しめるブログ記事になっています!

 

かなりの熱量を持って記事を書いてくれたので二部構成で紹介したいと思います!

 

ハマヤネン
ハマヤネン
今回は快く寄稿を引き受けてくれてありがとう!そしてかなりの熱量で書いてくれてるね!
モリキヨ
モリキヨ
バス移動中に5時間かけて書き上げました!自分自身の活動を振り返り、整理するいい機会となりました!是非みなさん読んでください!

 

それでは野球隊員:モリキヨくんの活動を見ていきましょう!

 

🇯🇵VAMOS🇧🇷

 

 

目次

第一部

1.自己紹介

  • どうしてJICAボランティアに応募したのか?
  • なぜ野球隊員を選んだのか?
  • 日系社会ボランティアを選んだわけ!

2.任地の紹介と要請内容

  • 任地の紹介!
  • 要請内容について!

第二部

3.活動紹介

4.二年間を振り返って【悩み・葛藤】

5.これからについて!

6.おまけ!

 

1.自己紹介

ハマヤネン
ハマヤネン
それではまずは自己紹介をよろしくお願いします!

 

サンパウロモリキヨ🇧🇷

Bom dia!

 

ブラジリアン野球ユーチューバーの🇧🇷サンパウロモリキヨ🇧🇷です。

 

⬇️〈1日に密着動画リンク〉⬇️

 

 

平成4年10月21日生まれ、今月26歳になりました。

 

 

森清将史です。

 

サンパウロ州ミランドポリス市野球隊員として活動しています。

 

岡山県建部町出身(現岡山県岡山市建部)という岡山の田舎生まれです。

 

野球歴は、小さい頃から父親の影響などもあり、家で遊んだり、野球チームの練習に混ぜてもらってやり始めました!

 

本格的に地元のスポーツ少年団に入ったのは小学4年生からです!

 

小学生の頃はソフトボールをしていました。

 

なのでウインドミルでピッチャーができるので、現在はブラジルでのソフトボールの試合などピッチャーとして楽しませてもらっています!

 

中学生の頃は、備前ディアクラブ(現、備前ボーイズ)という中学硬式のチームでプレーしました。

 

現在でもこのチームの監督さん、関係者の方々にはお世話になっています!

 

ちなみに、平日は中学校の卓球部に所属し毎日卓球をしていました。

 

なので卓球は得意です!そのおかげもありブラジルの卓球クラブの取材などもすることができました。笑

 

⬇️〈卓球対決動画〉⬇️

 

高校は岡山学芸館高校という高校で3年間野球をしました。

 

野球を引退するまでは寮生活を送っていました。

 

僕の高校にはたくさんの留学生もいて!

 

同じ寮に台湾人、セネガル人、そしてブラジル人の人達とも一緒に暮らしていました。

 

当時は特に何も意識していませんでしたが、この高校での経験が今に繋がっているのかなとも感じています。

 

大学は神奈川県横浜市にある、神奈川大学へ入り、大学でも硬式野球部に所属し野球を続けました。

 

3年間は選手として、最後の半年間程は学生コーチを経験しました。

 

大学では一度も公式戦に出場することはできませんでした!

 

しかし、そこで経験したさまざまな葛藤や、試行錯誤、自分よりも野球の上手い人達をたくさん見て学んだことが、現在の野球隊員の活動に活かされていると思います。

 

大学卒業後は岡山に戻り、地元の地銀で社会人としてスタートを切りましたが、働きながらJICAボランティアを受験。

 

〈JICAボランティア受験までにやったこと動画〉⬇️

 

銀行員2年目の途中で退職し、その後JICAの日系社会青年ボランティアに正式に合格!

 

社会人3年目となるタイミングで日系社会ボランティアとしての新たな人生が始まりました!

 

そこから2ヶ月程の派遣前訓練、約1年4ヶ月のブラジル生活を経て現在に至ります。

 

なぜJICAに応募したのか?

ハマヤネン
ハマヤネン
なぜJICAボランティアを応募したんですか?教えてもらえますか?

 

サンパウロモリキヨ🇧🇷

難しい質問ですね〜

 

正直そんなにきれいな理由なんてありません!

 

大学を卒業し、地元に戻って、社会人として仕事を始めてみたものの・・・。

 

このまま自分の人生が進んでいってしまうことが怖くなったから?

 

ですかね…

 

もう少し人生の寄り道

もっといろんな経験をしてみたいと思いました。

 

あと、大学生の就活って大学3年生のときにじゃないですか!?

 

その時って部活もしていて野球のことばかりしか知らなかったし、就職も特にやりたい仕事というのがなかったので・・・。

 

地元で就職して、自分の両親のように幸せな家族を作って暮らしていけたらいいなというくらいの感覚でした。

 

そして大学4年生になって少しした頃!

 

就活も大学野球も終わり、初めて大学生らしい時間が卒業までの1年弱ありました。

 

そのときに生活に時間もでき、ずっと野球をしていたときには関わらなかった人と関わったり、いろんなこと知ったり経験することができ以前よりも視野が広がっていきました。

 

海外で野球に携わっている人の存在や、JICAの野球隊員という制度を知り、興味を持ち始めたのもこの時期です!

 

そして社会人になってから、JICAボランティアの説明会に足を運んだり、経験者の方のお話を聞いたりして、本格的に挑戦してみたいという決意が固まり!

 

社会人生活1年目が終わったタイミングでJICAボランティアに応募し、受験してみました!

 

このような経緯でJICAボランティアへ応募しました。

 

なぜ野球隊員を志望したのか?

ハマヤネン
ハマヤネン
野球隊員を応募した理由は!

 

サンパウロモリキヨ🇧🇷

 

実はほんの少しだけ体育隊員、も検討したことはありました。

 

JICAの職員の方が野球隊員よりも体育隊員の方が募集が多くあり、合格の可能性が高まる、そして体育隊員なら野球をやってもいいし、他のスポーツでも自分次第でいろいろできるよというアドバイスをしてくださったからです。

 

なので、少し考えてはみましたが野球隊員で応募するという気持ちは変えずに、合格の可能性が低いとしても挑戦しようと思い、野球隊員で受験しました。

 

大学まで野球を続けて、たくさん苦しいことなどもありましたが、野球が好きだから乗り越えて来れたと思うので!

 

JICAボランティアになって海外で活動するときも野球隊員という職種で、野球と共に頑張った方が例え苦しいことや、いろんな悩みがあったとしても乗り越えれるのではないかと考えたからです。

 

そして、小学生の頃から大学まで10年以上野球を続けてきました。なので、その経験を活かして海外へ行くことができるなら活かさない手はありません!

 

なぜ日系社会ボランティアを選んだの?

ハマヤネン
ハマヤネン
モリキヨは初めから日系社会ボランティアを応募したん?それとも海外青年協力隊を受験してから変わったタイプ?

 

サンパウロモリキヨ🇧🇷

 

これはJICAのボランティアを選考する方が、日系社会ボランティアで合格をくださったからです。

 

ほんとにたまたまです。

 

JICAを受験したときには、青年海外協力隊しか知らず、日系社会ボランティアという存在はほとんど知りませんでした。

 

青年海外協力隊は野球隊員の募集がアジア、アフリカ、中南米などいろんな国々があるのに対して、日系社会ボランティアはブラジルのみでした。

 

ブラジル野球のことも、日系社会のことも何も知らないし、興味もなかったので、特に魅力も感じることもなく、青年海外協力隊のみ応募しました。

 

 

しかし!!!

 

 

青年海外協力隊の野球隊員の枠では合格をもらえませんでした。

 

 

が!!!

 

 

同じ野球隊員という職種で日系社会ボランティアの枠で合格を頂きました。

 

野球隊員を受験する多くの受験者が、僕と同じように日系社会ボランティアのことはあまりよく知らないので、青年海外協力隊ばかりへ応募し、日系社会ボランティアの応募者は少なかったようです。

 

そんな理由で、日系社会ボランティアの野球隊員として合格を頂き!

 

ブラジルの日系社会について、ブラジル野球の歴史、そしてブラジルという国について知るようになりました。

 

すると、ブラジルという国の日本との繋がり、日系社会の歴史、ブラジル野球など本当に魅力的なことがたくさんあることを知ることができました!!

 

勉強すればするほど、知れば知るほど興味深いこと、もっと多くの人に知ってもらいたいことがたくさんあると感じるようになりました!

 

 

なので現在、1人でも多くの方に知っていただきたいという気持ちで自分自身の活動のすべてをYouTubeで発信しています。

 

⬇️サンパウロモリキヨのチャンネルを見たい方はこちら⬇️

 

〈サンパウロモリキヨ!YouTubeリンク〉

 

僕自身がこの日系社会ボランティアとしてブラジルへ行くことが決まるまで、日系社会ボランティアという存在、ブラジルに日系社会があること、ブラジル野球、そしてブラジルという国についてほとんど知らないし、興味を持ったこともありませんでした。

 

なので、昔の自分のように何も知らない人に僕の発信していることが届いて、そこから興味を持ってもらえたらなと思います!

 

日本国内にいるとなかなか気付けないけど、少し外に出てみると日本人として、知っておくべき歴史や文化があるなと感じています。

 

動画→〈日系社会に関する動画〉⬇️

 

非常に長くなりましたが、自己紹介、経歴紹介は以上です。

 

2.任地の紹介&要請内容について

任地の紹介!

ハマヤネン
ハマヤネン
モリキヨの任地や要請内容について教えて!

 

サンパウロモリキヨ🇧🇷

それではまず、僕の任地を紹介します。

 

サンパウロ州ミランドポリス市という町で、サンパウロ州ですがサンパウロ市内からは600キロほど離れている地方に位置しています。

 

サンパウロ州ミランドポリス市はこちら⬇️

 

人口も3万人ほどの小さな町、田舎の町で治安の面などは非常に落ち着いています!

 

しかし、爆音でファンキ(ブラジルの若者に人気の曲)を流しながら走る車の量はサンパウロよりも多く、週末の夜は賑わっています。笑

 

ブラジルの田舎町の特徴として、少し町を離れると広大な野原が広がっていますが、町自体は非常にコンパクト!

 

なので、徒歩10分以内ですべての生活に必要なものが揃うようなとても快適な生活をしています。

 

このミランドポリスが位置する地域はノロエスチ地方と呼ばれていて、サンパウロ州の北西部という意味になります。

 

昔、日本移民が始まった頃は多くの日本人がまずこのノロエスチ地方をはじめとするサンパウロの地方の町へ入植し、田舎の広い土地でコーヒー栽培などの仕事についたようです。

 

なので、ミランドポリスも、その周りの小さな町も非常に日系社会、日系人のコミュニティが濃いです。

☝️ミランドポリスでの運動会の様子!

 

〈運動会の動画〉⬇️

 

サンパウロ市内でたまたま知り合った日系人の方も、もともとノロエスチ地方出身という方が多くいて、小さな町ですがミランドポリスのこともほとんどの日系人が知っています。

 

また、このように最初に多くの日本人が入植したこともあり昔はノロエスチ地方の野球が非常に盛んで、ほぼすべての町に野球チームがあったようです。

 

〈ノロエスチの野球事情動画〉⬇️

 

ミランドポリス市内のアリアンサという地域がブラジル野球の発祥地と言われています。

 

このアリアンサでは同期の北沢さんという方が日本語教師をしています。

 

https://hamayanen.com/2018/09/16/brasil-nikkei-teacher-japan-%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e6%95%99%e5%b8%ab-%e6%95%99%e5%93%a1-%e6%97%a5%e7%b3%bb%e7%a4%be%e4%bc%9a/

 

また弓場農場という日系人が昔から共同生活をしている場所もあり、そこでは現在でもそこに住む人達は日本語で生活しています。

 

〈弓場農場動画〉⬇️

 

世界一周旅行中の日本人の方々もたくさん弓場農場に寄っていかれます。

 

もうブラジルに来てから弓場農場で何人もの世界一周旅行中の日本人の方々にお会いしました。

 

ブラジル在住の方も、日本から旅行の方も弓場農場にお越しの際は僕に連絡ください。

 

僕の家から5分のミランドポリスのバスターミナルでバスを降りることになるので。

 

要請内容について!

それでは要請内容について紹介をします。

 

まず、要請内容は5歳からのティーボールのカテゴリーの子供から、15歳くらいまでの子供たちの野球指導へあたり、チームの強化をすること。

 

野球普及活動をし、野球人口を拡大するというようなものでした。

 

内容としてはオーソドックスなものでしたが、新規での要請で過去にJICAボランティアの活動はない場所だったので、実際にはどのような活動をするのかわからない状態でのスタートとなりました。

 

そして、いざ任地についてみると!

 

  • 野球チームもない!
  • 指導者もいない!
  • 選手は少し!

 

という状態での活動がスタートしました。

☝️着任当初の練習風景!どう見ても9人いませんね!

 

〈はじめての練習動画〉⬇️

 

新規ボランティアなのである程度は自分が主体となって、自分がやっていくということは予想していましたが、時間が経つにつれて自分が主体になってやることの問題も見えてくるようになりました。

 

これについてはあとでまとめています。

 

https://hamayanen.com/2018/10/24/volunteer-baseball-jica-go/

 

3、活動紹介

ハマヤネン
ハマヤネン
それでは具体的にどんな活動をミランドポリスでしているの教えてくれる?

 

グラウンドに行っても誰も来なかったという状況もありました。そのような状況に僕自身も疲れてしまい、諦めてしまうような気持ちにもなりました

第二部記事より抜粋

 

🇧🇷どうしたサンパウロモリキヨ???🇧🇷

 

 

ハマヤネン
ハマヤネン
動画などを見ている限りでは、とても充実したブラジル生活、野球の活動をしているように見えるけれど!

そうじゃないん?

モリキヨ
モリキヨ
そうじゃないんです!動画ではなかなかお伝えできないようなあり得ないことや悔しい想いをすることがたくさんあるんです!

いやもうありすぎてありすぎて!

 

 

少し長くなったので、第一部はここまで!

 

続きは第二部で書いていきます!

 

https://hamayanen.com/2018/10/24/volunteer-baseball-jica-go/

 

今回は最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

🇧🇷チャオチャオ!Ate!🇯🇵

POSTED COMMENT

  1. ヒロ より:

    はじめまして!
    社会人4年目のヒロです。

    内容楽しく読ませていただきました。
    野球を普及させる活動がしたいと考えており、直接お話が聞きたいです!

    • wpx514455 より:

      読んでいただいてありがとうございます。
      野球を普及させる活動素晴らしいですね!
      何かSNSされていますか?そちらの方が連絡取りやすいですか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です